ex.カメレオ HIKARU.、ソロプロジェクト「L.A.LEMECCA」始動2018年3月8日

2017年6月に解散した大人気ビジュアル系バンドex.カメレオのVo.HIKARU.さんにインタビューしてきました。

ex.カメレオ HIKARU

2012年1月より始動した元々「カメレオ」のバンド名は、「カメレオン」を捩もじった造語です。“変幻自在”をコンセプトに2012年1月より始動、バンドでありながらも5人で歌って踊る楽曲があったり、歌詞に社会風刺を取り入れたり、ヴォーカルHIKARU.さんの得意なヨーヨーをライブ中に取り入れたりするなど“何でもあり”なスタンスでを貫きました。
飲み会の席で「こんなんロックバンドじゃねぇ!」などと言われたりアンチの声もありましたが、逆に「ビジュアル系の中ではなかなか異端」として注目を集め、高田馬場AREAや赤坂BLITZで1000人規模のワンマン公演を行うなど人気を集めた成功させたこともあります。カメレオは人気絶頂のまま2017年6月に解散してしまいましたが、ヴォーカルだったHKARU.さんがソロプロジェクト「L.A.LEMECCA」を始動したとのことです。6月に決定した初ライブに向けお忙しいHIKARU.さんに、近況や目標を伺ってきました。

「L.A.LEMECCA」で目指すもの

──よろしくお願いします。新スタートを切る「L.A.LEMECCA」では、どんなことを目指しているのでしょうか。

HIKARU.さん(以下、敬称略) よろしくお願いします。カメレオ時代には「売れたい!もっとバンドを大きくしていきたい!」という思いが強く、バンド内がトゲトゲした雰囲気になってしまうことも多かったんです。でも、L.A.LEMECCAはもっと自由に、いっそのこと趣味みたいな感じでやっていきたいと思っています。CDも聴きたい人に届けるという姿勢でいいし、だから雰囲気がトゲトゲしくなっても構わずガツガツ前に出たい、とまでは考えていません。
音楽的には、メタル要素を入れていきたいと思っています。メタルって重くて暗いイメージがあるんですが、それをポップでキャッチーな、そして自由な感じの「HIKARU.色」に溢れる音楽にしたい、って。


L.A.LEMECCA Star☆t
暴力的なメタルの要素を前向きなHIKARU.色に染め上げたサウンドです。これからが楽しみですね。
ソロプロジェクトをするにあたって、自由に音楽がしたいとのこと。HIKARU.さん自身だいぶ自由人でした。笑

──HIKARU.さん自身がかなりの自由人ですからね(笑。

HIKARU. ごはん頼んでもいいですか??などと居酒屋で白飯を頼むシーンも笑

──バンドマンでありながら歌舞伎町にソフトクリーム専門店(ANA BAR CAFE)を持っているのもまた異端ですね。

「L.A.LEMECCA」の近況

──初ライブの準備で忙しいと思うのですが、最近ではどんなことがありましたか?

HIKARU. 自分のバースデーライブ(2018年2月11日)に来てくれた人たちに、L.A.LEMECCAのCD「SLUMP」を無料で渡しました。せっかく来てくれたみんなに喜んで聴いて欲しいと思ったので、有料にはしませんでした。「SLUMP」は、辛いこともあるけど頑張って欲しい、っていう応援ソングになっています。

──私も聴かせていただきました!とてもポップでキャッチーなんだけど、今日も頑張ろうという気持ちになります。出勤前の朝聴きたい曲という感じですね。歌詞にある”タクシーを呼んでくださいとお願いしたらTakashiがきたよ”は、もとメンバーのTakashi(ギター)さんのことですね。仲の良さが伺えます。

HIKARU. ありがとう(笑。みんなに喜んでもらえたらうれしいです。

ボーカリストが求めるサポートメンバー像

HIKARU. 僕が求めるサポメン像は、歌いやすさはもちろんですが、どんな注文に対しても最初から「できない」と言わない人です。僕はたまに無茶な注文をしたりするのですが、それが無茶だとわかっていても、それをなんとかして「出来る方法」を考えてくれる人が良いです。最初に「できない」って言う人とはそれ以降一緒に音を合わせることはありません。ライブ中に関してはステージングもやはりカッコイイ人が良いですね。アクションが派手な人が好きです。でもしっかり演奏できる人。演奏が崩れると歌いにくいですからね。
あと1番大事なのはバランスですね。音量バランスもそうだしステージングのバランスもそう。出しゃばり過ぎてもダメだし、控えめ過ぎてもダメ。客観的に自分を見ることができて、客観的にバンドを見る事が出来る人。これが僕の理想です。

これからビジュアル系バンドを始める方へ。

HIKARU. 自分自身がこれからビジュアル系バンド始めるんですけどね笑。なので同世代、同期になるのでよろしくお願いします。笑。アドバイス、ん〜バンドなんてやめたほうがいいですよ。絶対やめたほうがいい!!それでもやりたいならやればいい◎人生は自分で選びましょう◎

──ありがとうございました。


以上、ソロプロジェクト始動から初ライブに向けて多忙なHKARU.さんにお話をうかがいました。自由であることを大切に考えるHIKARU.さんが、これからどれだけ自由な音楽をリリースしていくのか、楽しみですね!

LA LEMECCA

ライター:橘まり

ビジュアル系のコラムを担当させていただく、新米ライターの橘まりです。拙い文章ですが、どうぞよろしくお願いします。

最終更新日 : 2018/03/19

記事カテゴリ:アーティスト